東日本大震災後に、自分の価値観がなんとなく変わってきたという人も多いのではないだろうか。大震災から一年以上が経過したが、私達の価値観はどのように変化したのだろうか。日本中のテレビの映像で震災の映像が流れ、目を疑うような光景を目にした。私は宮城県南三陸町戸倉地区の復興支援などを見て何かをしたいと思い、これまでの自分の生き方や価値観が変化していることを感じたいのです。大きな団体としては、WWFが宮城県南三陸町の志津川湾において調査を行なっている。この調査は、被災状況の実態を調査し、東日本大震災により被災した地域の水産業の復興に役立てるための調査である。このような活動は、持続可能な水産業への支援を目的としている。他にも小さな団体や個人活動のボランティアなどで三陸町戸倉地区の復興支援を行なっている方々も多く、インターネットを見るといろいろな活動をしている方が多く、私も復興の支援のために募金などを行いました。身体を使って被災地で活動することは、私の生活の状況においては厳しいので、せめて活動を支援するような行動を取るようにしています。一日も早く被災地の復興が進み、普段と変わらない生活ができるようになることを祈っています。

何年か前に知人に勧められて知った水素水。今は様々な商品が出ていますが私はなるべく高濃度の水素水を選んでいます。(水素水の濃度はppmという単位で示されています)http://www.quasia.net/
以前まではジムに設置されている水素水を飲んでいましたが、一時的に退会してしまったので今はスティックタイプで作る水素水を飲んでいます。ジムを休会中といっても趣味のマラソンは続けています。マラソンの後に水素水を摂取しておくと有害な活性酸素が除去されたという気分になります。そして疲れが残らず夜の睡眠も深くぐっすり眠れる感じです。また、私はなるべく膝や腰に負担をかけないシューズを選んでいますが、これもできるだけ長く運動を続けられるために必要だと思います。

今年はいくつかマラソン大会に出場しようと練習しています。ジムで走るランニングマシンより、外を走ると景色が変わり季節の移り変わりも肌で感じられてとても気持ちがよいです。

Continue reading

不妊治療を男が受けるということに抵抗感はあったりするのですが、最近ではそこまで珍しいものではなくなっています。男性不妊症という言葉もあったりするのですが、男性不妊の治療というのを行なっている病院というのは多くなっています。
男性の不妊の理由としてはいくつかあるのですが、その中でもとくに多いのが極端に精子の数が少ないということです。女性の卵巣に到達しなければ妊娠はしないのですが、それ以前に精子の数が少なければ、それだけ妊娠をする確率というのは減ってしまうということになります。どうして精子が減ってしまうのかというと人によって理由があったりするのですが、一番多いのはストレスです。ストレスを溜めこんでしまうと、それだけ精子の数も減ってしまうということが認められているそうです。
Continue reading

農業の学校に進学する農業の入試が大学校で新しくはじまる。学校のホームページでは詳しくその受験に関する情報が載っている。農業の経営について学ぶ学校なので、農業での進路について考える人にとってはとても重要な情報であると思う。私は実際に農業を行うわけではないが、実家が農家であるため跡継ぎになる人がこのような農業経営について入試を考えている。よく新聞で政府が農業について成長産業として掲げられているが、実際の農業事業者はどのように捉えているのだろうか。田舎に行くと高齢化がかなり進んでおり、とても成長をするような状態ではないような感じがする。しかし、それだからこそこのような取り組みが必要になってくるのであろう。 Continue reading